2018年3月27日 (火)

1年間お疲れ様でした。

 とは言っても1年で一番忙しい2週間が始まったわけですね。
 年度末処理と、新年度準備。多忙化解消、組合でも会議削減をしていますが、そんな中でのちょっとした一コマ。

Dsc_8404

 「昇進」の文字。
 会議に出てくるような、熱心に活動されている方ですが、教頭先生に昇進されるそうです。教頭は「教員」でありますが、管理職側に分類されるため、労働組合員でいることが法的にできません。「法定脱退」、ご卒業と呼んでいます。
 立場が変わっても、子ども達のため、働く人たちのため、今後も力を合わせていきましょう!

2018年3月20日 (火)

「こんにちは市長です」 論点整理?

1)「一律にしたい癖」市長さんのきらうところですよね。”地方自治は民主主義の学校”中央集権だけでなく、地方に力をという点は太田市としても抑えたいところですね。
2)「学校で部活をやらないことがこの国のスポーツを弱体化させる」のか?部活に依存しすぎた社会体制を作ってしまったいるのではないか?
 その体制も、教職員の無償・ローコストの奉仕におんぶにだっこ、ではないのか?
3)「残業代が…」と言って部活をやっていた教職員がいない、「子どもため」「教員の本懐!」といってやっていた(やらせていた?)からこそ、過労問題や、教職員も生徒も本務と部活の本末転倒となっている状況が生まれているのではないか?
4)レベルが下がったから部員不足・部活廃止なのか?
・生徒数の減少・教職員数の不足が部活廃止の理由ではないのだろうか?
・四六時中その競技だけ、という文化が、多くのスポーツにふれる機会をそいでいるのではないか?
 
といろいろありますが、それら解決の一助となるのが、
「おおたスポーツアカデミー」!
 さすが市長。社会体育への移行、を市がリーダーシップをとってやってくれます。
 
 運動好きな教員だっています。部活だけが運動主体ではありません。例えば地元の学校に戻ってスポーツ指導ができる体制づくり、勤務環境作り、してもいいと思いませんか?
 現在、地域において「あそこんちは教員だね」と言う言葉は、「うちの地元にとっては役立たず」とニヤイコールです・・・。
 
  文責 長山

今回の「こんにちは市長です」の転記です。

オリジナルはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「3月10日号」の続き。
何でも一律にしたいという癖はこの国にはある。
4月に入学する子どもたちの国語の授業は「さいた さいた さくらがさいた」で始まる。
鹿児島の桜は散って、稚内には雪が残るのに日本中どこでも「さくらはさいた」である。
桜が散ろうが、つぼみだろうが頓着せずにみんな一緒に学ぶ。
部活の話も全国一斉に文部科学省から県を通って市におりてくる。
働き方改革が波及して学校の先生の時間的な課長負担が取り上げられ、中学生も高校生も、運動が好きな子も嫌いな子もみんな一斉に週2日間は部活禁止、しかも平日2時間以上やったらいけないぞ!と国から命令がくる。
スポーツが大好きな若者たちからスポーツ力を奪っていくことになり、これはまずい。
平昌でメダルを取った子はみんな若い。スポーツする時間を制限することになったらメダルは届かないだろう。
東京オリンピックで活躍する選手に時間制限はありえない。大丈夫なんですか
▼勉強が好きな子だっている。運動が好きな子だっている。
小学生の時はまだお母さんなど周りの人の影響を強く受けるけれど、だんだん自立心がついてくればもっと上を目指したくなる。
「やりたい」というチャンスに手を貸すのが教育には必要なことだ。先生だって自分の教え子たちが優勝でもすれば飛び上がって喜ぶ、きっと喜ぶ。
「残業代が…」そろばん片手にぶつぶつ言うはずがない。
「やりたい」を制限したら部活は確実に弱体化する。結果、部員が足らなくなって消えていく。アスリートを支える底辺のスポーツ人口が薄くなっていく。
▼「おおたスポーツアカデミー」はこんな時代がくる、と思ってつくった。子どもたちをもっとはじけさせましょうよ。

2018年3月17日 (土)

枝野 立憲民主党代表 太田に

 隣の若い先生が「これ行けるんですか?」「無料なんですか?」とVoiceの記事を見て興味を示していた、枝野代表講演会。
 教職員としても大切なことだと思います。色々な政治家の話を生で聞いて、自分で判断する。子ども達に教えていることですからね。

 が、ごめんなさい。枝野代表、インフルエンザで出席停止。代わりに福山哲朗幹事長が見えました。

Dsc_8401_500

 そしてサプライズは布施博さんの登壇。このような舞台に上がるのは初めてことだそうです。介護の課題を挙げていました。堀越けいにん議員さん、角田義一元参議院副議長つながりなんでしょうか?最近「私を・・・」を久しぶりに見たばかりだったので個人的にタイムリー(^_^)

Dsc_8386_500

あ、これらは長谷川嘉一衆議院議員の集会の一コマでした。

Dsc_8350_500

 最後にもう一度。色々と誤解されてる方もいるようですが、色々な議員さんの話を聞くこと、これは教職員にとっても大切なことです。

 
 でも、このような集会、初心者は気後れしてしまうかなと心配でもあり…。

2018年3月11日 (日)

今動かなければ、何も変わらない!

様々な問題・思い・希望・欲望等々が詰まっている部活動問題。
十把一絡げでは、学校だけの議論では、解決しないものです。

教職員の中でも意見が割れるところでしょう。
が、今動かなければ、この先何十年動かないでしょう。

ど素人でも顧問。「部活がつらい」先生の体験談

こんにちは市長です が問題解決へ動き出す出発点

 「こんにちは市長です」を書き起こしましたが、現在学校現場、教職員が抱えている疲弊感の一つである部活問題をどうにかしようとするとき、第一に出てくる話だと思います。

 そこから喧々がくがく、こんがらがった糸をひもとく作業が行われ、そして有識者会議や文科省等々が行き着いた結論(妥協点?)が今回の
 運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン作成検討会議(第6回)の話でしょう。

 この問題を十把一絡げでは語れません。
 「子ども達のニーズ」ももちろんそうですし、教職員の本務「授業への影響の問題」「使用者としての働かせ方の問題」「子ども達の勉学への影響」「子どもの部活以外への可能性への影響」、「競技力の向上」等々。それぞれ別々に考えつつ、統合していく必要があるでしょう
 「法的問題」「予算的問題」さらには国としてスポーツというものをどうしていきたいのか、というスポーツ文化・育成システム等の「社会構造の問題」等々。学校での部活動のみの話では語れないものです。
 ちなみに「教員が楽をするためか」「親のニーズはどうする」という話しはちょっと的外れだと思いますが、いかがでしょう?

 組合の中でも色々話が割れるところです。
 「部活をするために教員になったのに…」

  文責 長山

 追伸
  こちらもご紹介 
   僕が監督なら、週2回は休む ダルビッシュの高校野球論 朝日新聞
  さらにもう一度ご紹介
   “部活”は尊い。なぜならば 小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明

こんにちは市長です 書き起こし

オリジナル版、広報おおたPDFはこちら

 安倍内閣、今国会の目玉は「働き方改革」だと言うけど、なんかもたついている。国会に提出した資料が不適切な比較データだったとして厚生労働省はガタつき、いつも強気な総理が頭を下げた。「改革」というネーミングは結構重い
▼学校を出てすぐ、薬のメーカーに勤めていたが1カ月80時間くらいは平気で残業していた気がする。そうしないと具体的な成果が出てこないし、同期に負けてしまう。「よくやったなぁ」というのは自分の満足感であったし、仕事ができたというのは自分のプライドでもあった。残業代?と言われても、意識したことはなかった。不満もなかった。今考えると、それが「裁量労働」であったか。うまく言えないけど、時間=価値ではなかった。「やったあ~」という場所を会社は与えてくれた。学校の先生の「働き方改革」もテーマになっているけど、先生は「やったあ~」派ではないかと思う。生徒の成績が伸びればうれしいし、顧問をしている運動部が県大会で優勝すればうれしい。「あれ、俺の教えていた通りにやってた。あれで勝った」なんてことになれば、子どもたちと一緒に飛び跳ねられる。「あと1時間子どもと付き合うと2千円の残業代が付くなぁ」こんな先生が出てきたら教育はおしまい。頑張る先生には「教職調整額」を4%から8%に引き上げるなどすればいい
▼新聞を見たら、中学の部活を「週2日以上の休養日」と決めたようだ。平日2時間以上は練習をさせない。こんなことを決めた人は中学生をみなロボットと思っているんじゃないか。中学生ともなれば向上心があるし、自分で取り組む力も持つ。昨日は高校も「週休2日」という記事。高校野球はどうなるの?高校サッカーは?次の東京オリンピックを全滅にさせるのか?(3月20日号に続く)

2018年3月10日 (土)

本年度最後の市教組委員会

年度末のお忙しい中皆さんありがとうございます。

 来年度に向けてや年度末人事の話などでしたが、その中でこちらではちょっと面倒な県教組の3月委員会の報告の話など。
 本年度の途中経過報告や、次の定期大会までの活動方針なわけですが、現場の先生・職員感覚とずれていないかきちんと見る必要があります。自分たちで作り上げる活動ですからね。もし、後で色々気がついた場合でもぜひお知らせください。

 で、県教育会館に行ったとき、県教組本部に全国教育研究集会の報告書が来ていました。全国の先生方の実践報告です。前向きに興味のある組合員さんはお知らせください。
 色々あげつらうために分析する方々もいるようですが、いい実践は参考にし、合わないものは合わないで。これは私たち教職員のためではなく、子ども達・次世代の社会のための実践ですからね。 

Dsc_8293_500

2018年3月 7日 (水)

引いてきました 学校生協マイページ登録キャンペーン

Dsc_8290

学校生協理事として抽選の当事者を務めてきました。
極めてアナログ、そして公正公平な抽選です。

Dsc_8282  決まりました!特賞グアム旅行は前橋の先生、1等45型テレビは、なんと、自分の斜め前の同僚・・・。2千人超の中から、なぜ斜め前・・・。事実は小説より奇なり、です。
 ちょっとずれれば自分だったのかな?

 あ、自分が登録したのは締め切りの翌日でしたね(^_^;

 3等も太田から2名当たりました!

 すべて自分が引いたのではありませんが、めでたい!!

2018年2月28日 (水)

「順番を間違ってないか、公立高の部活週休2日に疑問」日刊スポーツ

え?!
いや、あの、お気持ちわかりますが、気が動転なされていませんか?

記事はこちら

我々「教員」なのですが・・・。

なので、色々ある中ですが、解決の第一は人員配置だと思います。
ほら、財務大臣もおっしゃってます。
コーチにカネかけた結果」と。

全部現状の教職員に押しつけないで、ぜひ人材配置を!

  文責 長山

更新ブログ