2018年4月15日 (日)

離退任式

 金曜日は多くの学校で退任式がありましたね。
 たった2週間くらいですが、1つ学年が上がった子供たちが大きく成長したように感じられます。
 子供たちも、離れ行く先生方との涙の別れ。感動的な退任式が毎年みられます。

Dsc_8813

 が、年度を超えての退任式、よくよく考えると不思議なものなんです。全国的にも少数派。
 
 これに関してもいろいろ議論があるのですが、年度を超えてではなく年度内の退任式実施を県教組として提案しています。
 
現行方式の欠点は・・・
◆中学校では生徒の1/3が知らない人の話を2時間聞かなければならない。
◆プチ同窓会状態でやってくる卒業生たちに対応しなければならない。
 卒業学年の先生が異動の場合、あまり関わり合いがない先生方がその任にあたらねばならない。
◆「時数確保」で無茶なことを要求されている中、退任式に3~4時間裂かれている。
◆中体連の春季大会前、土日の部活も色々言われている中、平日の練習が制限される。
 (多くの顧問がいないとか、その後の大人の行事のために短縮になるとか…)。
◆市費職員や、本年度任用のない人への旅費の出所がない。
◆全県で考えるとこの日のために数百万の旅費が必要。
◆単なる人事異動のできごとなのに「私たち先生を敬いなさい」と生徒に強制しているようで…(個人的見解)。
 
 
 しかし、現行方式で教育的効果を高めるようにこれまで積み上げてきたので、年度内実施への変更には抵抗があるようですね。市町村教育長さんたちが強く反対しているようです。
 
 
長くなりますが、現行方式の長所は・・・
○たった2週間でも
・いなくなった先生方に新しい姿を見せようと、生徒も心機一転となる
・別れの言葉に重みを持って聞けるようになっている
・成長した子ども達の姿に感動
○ドタバタしている新学期の中で
・「先生方への手紙を書きましょう」でちょっと教員の事務作業に向けられる時間が作れる
・教職員にとっても退任式もちょっと一息付ける時間
○かつての同僚に会ってほっとできる。
○別れの作法はきちんと教えるべき。
 
 こう考えると、教員にとってのメリットが大きいからやっているのかな?
 
さらに解説・・・
・退任式は学校行事です。本来は各学校で勝手に設定できます。
・しかし以前、「パラパラやられては授業が組み立てられない。県で統一してくれないか?」と県教委に相談。
・そこで毎年県教委が「この日辺りはどうですか?」と日付を提示。
・いつの間にか、「県教委が日付を指定」「県が言ってこないから今年の退任式が決まらない」という誤解。
・県立高校では2012年3月から年度内退任式が行われています。
 これ、急にそうなりました。4月から新教育長が高校の校長を退職後の任用だったため、年度を超えて実施すると県の教育長が来ることになってしまうので、それはまずいと県立高ではいきなり全県一斉に年度前実施に変更となった・・・なんてまことしやかに言われています。
・県職員、市町村職員など、内事後すぐにシステム上で公表されている。
・発令が群馬と同じ4月1日の県も、工夫して年度内にやっているところもあります。
 
 
 さて、「教育的効果」の御旗の前では全てがまかり通る教育界ですが、
・コストパフォーマンス(お金という意味ではなく、効果対労力費)からするとどうなのでしょうか?
・年度内実施している多くの都道府県は、教育的配慮がなされていない、のでしょうか?

Dsc_8754

 個人的にはどっちでもいいんですが、今のままもアリかなぁ・・・(ちゃぶ台返し)。

 「抜本的見直し」
 字面ではありますが、やるのはなかなか気持ちの勇気がいるもの。一つのアイデアとしてどうですか?
 
 正直この問題、当局側も、組合側も、はじめの話がこじれてお互いムキになっているようでもあります(^_^;。
 
   文責 長山

2018年4月12日 (木)

市教組委員会 そして、中体連会議

 今日は市中体連の総会・専門部会・理事会&組合の月1回の代表者会議(支部委員会とか市教組委員会とか色々呼ばれていますが)。
 中体連の理事会では、県教委が4月1日に出した「県指針」が説明されなかったようですね。市教委止まりでしょうか?
 県内で一番後ろ向きと言われかねないですね。

 組合の会議では紹介されました。我々教職員が県の通達すら見る機会を与えられないとは。

県方針
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-3od42m3czp3vz7rfttgyvd777e-1001&uniqid=910ce90e-c444-4e70-8dde-b10865f202c9&viewtype=detail

保護者の皆様へ
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-3od42m3czp3vz7rfttgyvd777e-1001&uniqid=1b5c682d-9804-495c-8049-ddc0d82e80d1&viewtype=detail

2018年4月 9日 (月)

「黄金の3日間」

 新任式・始業式・入学式怒濤の一日が過ぎました。まだまだ月曜日、長い1週間・1年間の始まりです。

 一番忙しい時期だから仕方ないですが、7時を過ぎても多くの教職員が残っている職員室。副担の自分が先に帰るのが怠けているようです。
 そして、最近の若い先生はすごい。教室の掲示物をすばらしいデザインでつくっています。

 しかし、そんなにしなくても…。子ども達によりよい環境を、と言う気持ちも分かるし、そっちの方がいいのも分かることですが、キリがないと言うか、無間地獄に陥らないようにと心配もします。
 「黄金の3日間」が「子育ては母乳」信仰のような呪縛にならないことを祈るばかりです。
 学年団・職員室みんなで、そしてこの1年をかけて、生徒とともによりよい教室・学校をつくっていきましょう!

 ちなみに、なんで中学校の入学式が最初で、小学生の一部が午後まで残っての入学式なんでしょうかね?

 写真はクラス発表(ぼかしてあります)

_500_

2018年4月 8日 (日)

「どうにかして抜け道を」

 本日伊勢崎の学校と練習試合。4月からの部活の運用について情報交換。
詳細はリンクの通りですが、
「まぁ、やってしまえばこっちのものだし、土日の代替を後で取れ、ということだから、1学期は全部やって夏休みに休もうかと考えているよ」

 さて、どう思いますか?

上毛新聞 「活動時間「こま制」に 部活動改革 伊勢崎市検討委が独自指針」
 https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/32814
伊勢崎市 部活動ガイドライン検討委員会
 https://www.city.isesaki.lg.jp/shisei/shingi/list/kyoiku/5071.html

2018年4月 5日 (木)

年度初めの忙しい中ですが、校長会に挨拶に行ってきました

 立場が違うので時にはぶつかりますが、目指すところは一緒、お互い働きやすい職場、学びやすい学校を目指していきましょう!

Ota_city_ojima_branch_office_500

2018年4月 2日 (月)

年度初めの確認

太田ではいきなり職員会議ですね。高崎では明日から。そうだと準備してから新年度動けますね。

さて、職員会議にて色々と確認できましたか?

○勤務時間に関して
 休憩時間が確保されていない、なんてもうないでしょうけれど、3つに分けられている学校もありました。そんなこま切れはないですよ。
 また、実際は、ないに等しい休憩時間。校長先生から適切な配慮をしていただける旨の発言はありましたか。

○部活について
 県教委は及び腰ですが、新聞報道されているように、今、世の中が味方してくれているこの時期に動かなければこの先何十年社会構造自体が動きません。
 城東中では基本的に土日のどちらかが休み。さらに半日が基本。大会前等でやむを得ずやった場合平日休み。などが確認されましたよ!

○日直の戸締まり
 当たり前で提案されていませんでしたか?
 本来施設管理は「管理」職の職権。管理職が1名(実質校長・教頭の2名)の学校だとそれでは大変だから職員で協力しているだけです。「戸締まりがなってないっ!」と怒られるのは変なのですよ。

○安全衛生委員会
 設けましたか?実質的に動くようになっていますか。
 「余分な仕事を…」ではなく、働く者の安全と働きやすい環境の提言ができる委員会にしなくてはいけません。業務改善・超勤解消のアイデアを出し合う、というでも利用できますよ。服務規律の委員会ばかり県教委は言いますが、教育の質を高めるのにも、この委員会の意義は大きいです。
 参考
  安全衛生委員会を設置しましょう(厚生労働省)
   http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/0902-2a.pdf
  衛生委員会は誰が何をするの?ストレスチェックにおける役割とは?
   http://www.armg.jp/mhlw/contents/column/vol_48.html

○新採用の先生方に、色々教えるのも大切です。社会人としてのこんなことも・・・
 ・働く人たちでつくった「ろうきん」 コンビニ引き出しでも便利
 ・保険の勧誘がたくさん来出しますが、群馬の教職員しか入れない「ゆうゆう共済」
  保険の勧誘は有資格者でなければダメですが、こんな保険の存在を教えてあげるのも大切かも。

その他、まだまだありますが、皆さんの「こんなことも大切だ」ということ、共有しませんか?

Dsc_8431

2018年3月31日 (土)

行く年、来る年

 さて、あと少しで2017年度も終わります。2018年度は日曜スタート。新しい環境に変わるのにいいタイミングかもしれませんね。
 さて、今月試行された勤務時間調査、最初の土日が学年旅行で部活に行っていなかったのですが、自分は超勤120時間を超えました。
 こんなことが続かないよう、新年度最初の会議は色々提案しましょう!
 
 文責 長山

2018年3月27日 (火)

1年間お疲れ様でした。

 とは言っても1年で一番忙しい2週間が始まったわけですね。
 年度末処理と、新年度準備。多忙化解消、組合でも会議削減をしていますが、そんな中でのちょっとした一コマ。

Dsc_8404

 「昇進」の文字。
 会議に出てくるような、熱心に活動されている方ですが、教頭先生に昇進されるそうです。教頭は「教員」でありますが、管理職側に分類されるため、労働組合員でいることが法的にできません。「法定脱退」、ご卒業と呼んでいます。
 立場が変わっても、子ども達のため、働く人たちのため、今後も力を合わせていきましょう!

2018年3月20日 (火)

「こんにちは市長です」 論点整理?

1)「一律にしたい癖」市長さんのきらうところですよね。”地方自治は民主主義の学校”中央集権だけでなく、地方に力をという点は太田市としても抑えたいところですね。
2)「学校で部活をやらないことがこの国のスポーツを弱体化させる」のか?部活に依存しすぎた社会体制を作ってしまったいるのではないか?
 その体制も、教職員の無償・ローコストの奉仕におんぶにだっこ、ではないのか?
3)「残業代が…」と言って部活をやっていた教職員がいない、「子どもため」「教員の本懐!」といってやっていた(やらせていた?)からこそ、過労問題や、教職員も生徒も本務と部活の本末転倒となっている状況が生まれているのではないか?
4)レベルが下がったから部員不足・部活廃止なのか?
・生徒数の減少・教職員数の不足が部活廃止の理由ではないのだろうか?
・四六時中その競技だけ、という文化が、多くのスポーツにふれる機会をそいでいるのではないか?
 
といろいろありますが、それら解決の一助となるのが、
「おおたスポーツアカデミー」!
 さすが市長。社会体育への移行、を市がリーダーシップをとってやってくれます。
 
 運動好きな教員だっています。部活だけが運動主体ではありません。例えば地元の学校に戻ってスポーツ指導ができる体制づくり、勤務環境作り、してもいいと思いませんか?
 現在、地域において「あそこんちは教員だね」と言う言葉は、「うちの地元にとっては役立たず」とニヤイコールです・・・。
 
  文責 長山

今回の「こんにちは市長です」の転記です。

オリジナルはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「3月10日号」の続き。
何でも一律にしたいという癖はこの国にはある。
4月に入学する子どもたちの国語の授業は「さいた さいた さくらがさいた」で始まる。
鹿児島の桜は散って、稚内には雪が残るのに日本中どこでも「さくらはさいた」である。
桜が散ろうが、つぼみだろうが頓着せずにみんな一緒に学ぶ。
部活の話も全国一斉に文部科学省から県を通って市におりてくる。
働き方改革が波及して学校の先生の時間的な課長負担が取り上げられ、中学生も高校生も、運動が好きな子も嫌いな子もみんな一斉に週2日間は部活禁止、しかも平日2時間以上やったらいけないぞ!と国から命令がくる。
スポーツが大好きな若者たちからスポーツ力を奪っていくことになり、これはまずい。
平昌でメダルを取った子はみんな若い。スポーツする時間を制限することになったらメダルは届かないだろう。
東京オリンピックで活躍する選手に時間制限はありえない。大丈夫なんですか
▼勉強が好きな子だっている。運動が好きな子だっている。
小学生の時はまだお母さんなど周りの人の影響を強く受けるけれど、だんだん自立心がついてくればもっと上を目指したくなる。
「やりたい」というチャンスに手を貸すのが教育には必要なことだ。先生だって自分の教え子たちが優勝でもすれば飛び上がって喜ぶ、きっと喜ぶ。
「残業代が…」そろばん片手にぶつぶつ言うはずがない。
「やりたい」を制限したら部活は確実に弱体化する。結果、部員が足らなくなって消えていく。アスリートを支える底辺のスポーツ人口が薄くなっていく。
▼「おおたスポーツアカデミー」はこんな時代がくる、と思ってつくった。子どもたちをもっとはじけさせましょうよ。

更新ブログ